2008年07月08日

ぬいぐるみへの思い

ぬいぐるみへの思いがある。

コレまでにいろいろなぬいぐるみに会ってきた。

一番多いのは、熊か?

最近は、ミッキーマウスとか。

あれは、ぬいぐるみとは言わないか。

小さなぬいぐるみ。
大きなぬいぐるみ。
黒いぬいぐるみ。
赤いぬいぐるみ。
黄色いぬいぐるみ。
水色のぬいぐるみ。

いろんな色のぬいぐるみがある。

ぬいぐるみが人間に与えてくれるモノ。
それは安らぎだろうか。
当然、男の子より女の子の方が、ぬいぐるみは好きだ。

夜、寝る前にベッドの横において、すやすやと眠る。
やはり、安心するのだろうか。
ぬいぐるみで。
その時に置くぬいぐるみは、やはり、熊か。
最近は、犬が流行っているから、犬のぬいぐるみか。
ぬいぐるみ。

ぬいぐるみと言うと、毛むくじゃらのものを想像するけど。
ダニとかが心配だ。
病原菌の簾になってしまう気もする。
洗濯機で洗えれば良いが、洗えない場合もある。
大きなぬいぐるみなどの場合か。
だから、ぬいぐるみはせいぜい洗える位の大きさが、いいかもしれない。
ぬいぐるみ。

ぬいぐるみへの思い出。

思い出は沢山ある。

ぬいぐるみと言う位だから、縫ったものがやはり良い。

以前、子供がくじで当てたぬいぐるみは一体何処へ行っただろうか。

ぬいぐるみ。

あれは出来損ないのぬいぐるみだった。
出来損ないで、ちょっと表情が変だった。
あいくるしくはない表情。
でも、出来損ないであるが故に、逆に愛着が沸いた。

子供が当てて来なかったら、一体どうなっていただろうか?
出来損ないだから、捨てられていたかも。
posted by まい at 22:41| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。